よく考えてみると

 インスタを覗いてみると、私のフォローが外されていて、
彼のページが非公開となっていた。反射的にフォローリクエスト
を送ってしまった。
 リクエストは受け入れられなかった。

もう、徹底して彼は私のことを締め出すんだと思い知らされた。
「たまにはテキスト送っていいか」と聞いた時に、「新しいガール
フレンドを悲しませたくない」と言った。聞けば、彼の国の女性は
大変嫉妬深いとか。そして人のスマホに掛かってきた電話にでたり、
テキストを読んだりするらしい。確かに、通知に女性のアイコンが
出てきたら嫌なんだろう。しかし、そこまで気にするのだろうか?
あるいは、人のスマホをどうして見るのか?ありえない。思えば、
偶然フォローを押しただけの男性フォロワーに対して、「なんで
この人知ってるの?」と聞かれたことがあった。おすすめとか、
いろいろ入ってくるから、知らないうちにボタンを押してしまう
事もあるのに。
 こんなことを思い出すと、悲しむ前になんだか笑えて来る。
そして、彼が気の毒になる。
 そう、私は彼との結婚を望んでいなかったのではないかと、
思い始めている。
 若い男性が私に結婚まで申し込んでくれた。やきもちを
焼かれた。私からのテキストはあまりしないけど、向こうから来
たら即返す。そんな駆け引きを楽しみたかっただけかもしれない。
そんな状態で一年も宙ぶらりんにさせられたら、彼も嫌気が
差すと思う。確かに気の毒だ。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント